二品への壁@三国志大戦
「三国志大戦」のプレイ記録や考察を色々書いています。タイトルは「二品への壁@」ですが、二品に居たのはいつのことか・・・ネタにひた走り、めっきり五品君主です(w


PROFILE
荀平(♂ 社会人)
  • Author:荀平(♂ 社会人)
  • 大阪(梅田or 天王寺、難波)
    ※大戦1時代のお話。三品から二品に上がったとたん、壁にはじき返され、とうとう七品にまで...
    (最終的には二品復帰成功!)



    ◆大戦3(Ver.3.594)
    ★神速4枚:SR張遼、SR関羽、SRトウガイ、SR甄皇后(G張春華、G程イク)
    ★張つよいデッキ:R張曼成、SR張遼、U張姫、U張承、R張奐(G張春華)

    ◆大戦1-2
    ★飛天陳宮:R曹仁、R張コウ、陳宮、C甄皇后、R夏侯淵 (覇者昇格デッキ)
    ★陳宮の魏バラ:U曹仁、R楽進、陳宮、U典イ、荀攸、カイ越 (元メイン)
    ★陳レンジャー: C陳宮、C陳武、U陳到、C陳親子、C陳羣、R陳琳、C許攸
    ☆ 自己紹介ページはこちら ☆


    他ゲー
    ★ 三國志Online(サービス終了)
    ★ AIKAonline(トラキア国所属)
    ★ タワーオブAION(シエル鯖/天族)

    FC2 Blog Ranking
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • い・いまさらですが、EX(11/23)
  • 店内対戦!(09/17)
  • 新デッキ模索中@明帝×地獄(08/13)
  • 【大阪】セガミスト2【駅前第4ビル】(07/16)
  • 2年ぶりの出会い(07/04)


  • RECENT COMMENTS
  • 朱飛(09/24)
  • 荀平(08/09)
  • 朱飛(07/10)
  • 荀平(07/03)
  • (07/02)
  • 荀平(03/05)
  • リョチョ(03/03)
  • 荀平(01/08)
  • 朱飛(01/08)
  • BlogPetの赤兎(12/10)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (2)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年03月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (3)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (3)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (3)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (2)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (3)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (5)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (4)
  • 2007年07月 (2)
  • 2007年06月 (8)
  • 2007年05月 (9)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (10)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (9)
  • 2006年11月 (9)
  • 2006年10月 (11)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (10)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (26)
  • 2006年02月 (23)
  • 2006年01月 (29)
  • 2005年12月 (33)
  • 2005年11月 (33)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (32)
  • 2005年08月 (31)
  • 2005年07月 (16)


  • CATEGORY
  • 大戦DS (1)
  • 未分類 (100)
  • 三国志大戦:カード (20)
  • 三国志大戦:プレイ (215)
  • 三国志大戦:デッキ (29)
  • BlogPet(ブログペット) (90)
  • 色々考察 (27)
  • コラボブログ (15)
  • 自己紹介 (2)
  • イベント (30)
  • 三国志大戦:Flash (2)
  • 動画関連 (63)


  • LINKS
  • これは後に中原の覇者となる小動物の物語である(疾風のいわしさん)
  • たまごだっていいじゃない?(真音さん)
  • 初心者!朱飛の三国志大戦ブログ(朱飛さん)
  • TOM9's Blog(TOM9さん)
  • Hit the beat! keep your beat!!(龍之介さん)
  • 「まんまとかかったな・・・(※ちょっと嬉しそう)」(嘉秦さん)
  • 晃の三国志対戦日記~力を見せよ!~(晃さん)
  • 遼!来来!!超!来来!!(遼超さん)
  • 白虹奇士団、参上!~三国志大戦2攻城兵ブログ~(しるばまるさん)
  • *私を覇王まで連れて行って*(佐久間りおさん)
  • 三国志大戦ブログ~負けないでください~(冬さん)
  • くぅの三国志大戦記(くぅさん)
  • 卵王子の三国志大戦(平野屋@卵王子さん)
  • ともかくゲームの日々(順平侯さん)
  • ぴよ’s Arcadia(ぴよっぷ~さん)
  • 白夜@三国志大戦(白夜さん)
  • Day of Defeat~三国志大戦~(負けDogさん)
  • 水月日記(水月さん)
  • 趣味と毎日(俯瞰史記さん)
  • 三国志大戦ブログ「ここにいるぞ!(シンさん)
  • 全国制(゜Д゜)ハァ?(ぽむさん)
  • 三国志大戦下克上ブログ(むつーさん)
  • 三国志大戦 ~孤高の軍師~(らぷんつぇるさん)
  • 適当の軌跡(獅子天さん)
  • 千里眼&黒い人の―蹴散らせ―大戦2ブログ(千里眼さん)
  • 三国志大戦・覇王の大徳♪(冬弥さん)
  • でもがんばっている(テンさん)
  • maoのページ(maoさん)
  • 黒飛 -弾丸集団突撃-(黒飛さん)
  • 三国志大戦@勅命(サナルさん)


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    『ICB』 6nd (イラストコラボ)
    リョーチョーさんとこの「ICB」に3回目の参加です。
    Illust Collaboration Blog、イラストコラボレーションブログの略式
    お題の絵を見て、それぞれ思いついたストーリーを書いていくとのことです。
    さて、今回のお題は??ふむふむ、では書いていきましょう!!
    ※ 今回は凄まじく長い文章になってしまいました・・・。多分、今までのICBの中でも最長・・・
    ゆっくり時間のあるときにご注意してお読み下さい。第1~第15章まで続きます(ヲイ


    ICB孫権と周泰

    ~ プロローグ ~
    西暦200年、一人の英雄が暗殺された。


    周泰 「殿っ!なにとぞ、お考え直しを!!今攻め込むのは無茶でございます!!」
    孫権 「ならん!劉備は許しては置けぬ!!私の剣を持て!全軍、急ぎ戦の準備をせよ!」
    周泰 「なりません殿っ!国賊は曹魏、蜀を攻めることに大義はありません!!」
    陸遜 「魏を討てば、蜀は自ずとこちらに従順します、お考え直しを。」
    孫権 「魏や天下がなんだ!この悲しみお前たちにはわかるまい!孫仲謀は愛する兄上の仇、蜀を討つ!」



    ~ 第1章 「孫権の決意」 ~

    どうも、陸遜です。前回のICBではお世話になりました。今回も進行役を任され、大役に緊張しております。
    さて、この状況、ちょっと説明しなければいけませんね。
     
    実は、「孫権」殿の兄上「孫策」様が何者かにより暗殺されてしまいました・・・。
    孫権殿は、若干18歳で孫策様の跡を継ぐこととなり、幼馴染の「周泰」がその御守りをさせられることに・・・。あの我が儘は昔からなので、周泰も大変だろなぁ~w

    孫権 「何か言ったか?つべこべ言わず、さっさと準備をいたせ!この机のようになりたいのか!」
    そう言うが早いか、目の前の机の角を切り落としました。怖っ!

    陸遜 「殿、しかしまだ劉備が首謀者だとは決まった訳では・・・」
    孫権 「いや、劉備に決まっている!俺のシックスセンスがそう告げている!!」

    シックスセンスって・・・、バカかこいつは・・・まったく・・・。昔からそうだったんですよ。
    このバカ殿、周泰、そして僕の3人は182年生まれ(僕は183の早生まれ)の同級生で昔は良く一緒に悪さをしたものです。
    なので、こいつの第六勘は全くアテに出来ないのは重々承知なのですが、くそぅ・・・権力め・・・。

    おっと話が反れましたね。戻します。
    孫策様は虎狩りに一人で出かけた際に、伏兵に取り囲まれ、命を落とされました。
    その後の調べで暗殺者は他軍の「于吉」であり、現在は「蜀」へ逃れ「劉備」がそれをかくまっているのではないかとのことです。
    きっと劉備が裏で于吉を操り、孫策様を暗殺したのだと、怒りが頂点に達した孫権殿は蜀へ進攻することを決められました。

    確かに、真実を確かめるため蜀に放った使者とは音信が途絶えたまま・・・、蜀が怪しいことには違いないのですが・・・、
    しかし、僕は何かひっかかるのです。もっと深い何か陰謀が隠されているのではと・・・



    ~ 第2章 「作戦会議」 ~

    陸遜 「この城の前に防柵を並べて守りを固めます。槍兵が多数を占める蜀軍には有効です」
    呂蒙 「うむ、それは任せていただこう。だが趙雲と馬超にはどう対処する?」
    周泰 「それは、私と陳武が何とかしよう。しかし我が軍の騎兵が少ないのが心配だな・・・」
    孫権 「一応、曹操の下へ使者は送ったのだがな期待はできんな」

    そのとき、魏へ送った使者が帰ってきました。
    使者 「曹操よりの返事は、NOとのことです!」
    孫権 「くそぅ、やはり漁夫の利を狙ってやがるな」
    陸遜 「陳宮殿はどうでしたか?彼なら協力してくれるはず!」
    使者 「それが・・・、陳宮殿とは連絡が取れず、すでにどこかへ旅立たれたとのことです・・・」
    孫権 「ふん。どうせ他軍の呂布の元だろう、他と蜀が手を組んだ今、敵として出会うかもな」

    陳宮殿も敵か・・・、ん?斥候が帰ってきましたね。
    斥候 「蜀軍、動きがありません。・・・ただ・・・妙なことが・・・」
    陸遜 「妙なこと?なんですか?」
    斥候 「それが・・・、蜀軍の間では『何故、呉が攻めて来たんだ?』と不思議がっております」
    孫権 「ふん。それも諸葛亮の策だろ。敵を騙すなら味方からってな」
    陸遜 「第六勘ですか?」
    孫権 「シックスセンスだっ!!」



    ~ 第3章 「奇襲?!そして開戦へ・・・」 ~

    城前には多くの防柵が並ぶ。
    僕は司令官として、自軍の陣営を見て回っています。守備は万全ですね。

    しかし、あの斥候の話は気になります。
    確かに、蜀軍の動きを見る限り、攻め込んでくる気配はありません。
    まるで虚を衝かれ、何事かわからずこちらの様子を探っているように・・・
    本当に孔明先生の策なのだろうか??もう一度、蜀に使者を送り、真実を確かめてみても・・・

    そう考えていた矢先のことです!

    ドンっ!! なにかが防柵にぶつかりました!

    ?? 「あっしまっ・・・、ここにいるぞー!!!!・・・あ、違っ・・・」

    呉兵士 『そこに居るのは誰だー!!』

    ?? 「え?いやあの・・・僕・・・」

    孫権 「なんじゃー!!奇襲部隊とは、おのれ劉備めー!!!!」
    呂蒙 「飛んで火にいる夏の虫よーー!!!!」
    魯粛 「進めぇー!!!!」

    わーわー、どたばたどたばた、わーわー、どたばたどたばた・・・

    これがキッカケとなり、両軍が入り乱れての激戦となりました。
    弓部隊が柵の後ろから矢を嵐のように放ち、槍部隊が、趙雲・馬超のダブルライダーをけん制・・・、
    皆、作戦の通りに動いてくれています。

    しかし・・・、あの伏兵、何か言ってたかな?この混乱で良く聞こえなかった・・・
    しかも、皆に踏みつけられてペチャンコだし・・・
    まぁいいや、とりあえず捕虜として「牢」に入れておこうっと。



    ~ 第4章 「天は孫呉に味方せず・・・」 ~

    戦闘は、一進一退を極め、どちらも攻めきれずにいます。

    周瑜 「まずいな・・・」
    陸遜 「えぇ、膠着が続くと戦力が豊富な蜀軍が有利ですね」
    周瑜 「・・・・・・。陸遜、俺が孫策と義兄弟の契りを結んでいたのは知っているな?」
    陸遜 「はい、今回の件で、怒りで我を忘れず、冷静に居られているのは流石です」
    周瑜 「いや、俺は怒っているよ。ちょっと今からこの怒りを敵にぶつけてこようかな?」
    陸遜 「え?・・・まさか、周瑜殿それは・・・」
    周瑜 「君なら、孫呉を任せられるよ。じゃあな、俺は孫策の元へ行く!」
    陸遜 「周瑜殿ぉーーーーーーー!!!!」

    笑顔で手を振り走り去る周瑜殿、その先は、敵の主力部隊・・・・・・
    周瑜殿の身体が燃え上がり、炎の化身と化し、敵主力に向かって炎を・・・放・・・つ??

    あぁ!!何ということだ!!!!
    戦場を突如、黒い雲が厚く覆い、豪雨が降りだした!!これでは、火計の威力は・・・・・・

    周瑜殿ぉ~~~~~~!!!!
    周瑜殿の命をかけた「最期の業炎」も威力が激減・・・、敵主力に壊滅的打撃は与えられ無かった。
    なんで、このタイミングで雨が降るんだ!!

    ・・・まさか、于吉?!
    やはり蜀がかくまっているというのは本当なのか・・・。おのれ蜀め!周瑜殿の仇は僕が討つ!!



    ~ 第5章 「豪雷警報発令」 ~

    兵士 「司令官殿!敵司令官諸葛亮が会談を申し出てきました」
    陸遜 「なにぃー!なんのつもりだ!」
    周泰 「落ち着け、陸遜!!さもなくばヤツの術中に落ちるぞ」
    陸遜 「あぁ、周瑜殿亡き今、僕がしっかりしなければな・・・」

    お互い戦闘を一時中断し、中間地点へと馬を進める・・・
    蜀軍からは「諸葛亮」と弟子の「馬謖」。こちらは僕と周泰です。

    馬謖 「何故、攻めてきた!何が目的だ!!」
    周泰 「なんだと!孫策様を殺めておいて、何を言うかー!!」
    諸葛亮 「その件ですが、蜀は関わっていませんよ」
    陸遜 「孔明先生・・・、その言葉を信じたいのですが、この大雨は于吉の仕業・・・」
    諸葛亮 「いえ、我らも驚いているのです。それに我らの使者が・・・・・・!!」

    シュッ!!
    そのとき、1本の矢が諸葛亮めがけ飛んできて、足元へ突き刺さった!

    孫権 「陸遜ー!!何をやってるかー!諸葛亮をひっとらえい!!」

    あのバカ殿・・・・・・
    諸葛亮 「仕方ありませんね・・・。天よ、裁きの光を!!」

    ドーン、ドーン、ドーーン、ドーーーン、ドーーーーン!!!!!
    諸葛亮が剣を空高く放り投げると、何本もの雷が呉陣営を襲う!!

    諸葛亮 「あなた方の返事はわかりました。講和はこれまでです」
    馬謖 「へん!覚悟しとけよ、この愚か者どもが!」

    くそっ、僕は急いで自軍へ戻っていった。被害が心配だ・・・
    兵士 「太史慈殿、甘寧殿、蒋欽殿、丁奉殿、そして陳武殿と連絡が取れません!」
    周泰 「陳武が?!・・・くそ・・・諸葛亮め・・・」
    孫権 「まったく、諸葛亮め、なんてことをしやがる・・・」
    陸遜 「お前のせいじゃ!!ボケっ!!」
    孫権 「うぐ・・・、ちょ、首を絞めるな・・・しゅ・周泰・・・助け・・・」
    周泰 「落ち着け、陸遜。こんなやつでも一応、主君だ。やめとけ」
    陸遜 「・・・ちっ」
    孫権 「ぷはぁ・・・、はぁ、はぁ、り・陸遜、キレてるのか??」
    陸遜 「・・・・・・キレてないですよ・・・」



    ~ 第6章 「救世主?!降臨」 ~

    想像以上に被害は甚大でした・・・5部隊と連絡が取れず、その中には、槍部隊の陳武までもが・・・
    しかし孔明先生は何を言おうとしていたのか・・・バカ殿の邪魔が無ければ、講和を図れたかもしれないものを・・・

    蜀軍の攻撃は、これまでよりもさらに激しくなり、徐庶、夏侯月姫、雷銅の落雷部隊が大雨を味方に攻めてきます。
    こちらは火計を封印されたも同じ・・・厳しい戦いを強いられています。

    兵士 「敵襲ー!!!!!!張飛、魏延が柵を破り、攻めてきます!!」
    兵士 「同じく、黄忠、厳顔も攻めてきま・・・あ、あ、あぁ~~・・・・・・・・・」

    くそぅ、絶体絶命だ・・・!!
    周瑜殿、申し訳ありません!!僕には呉を守ることが出来ませ・・・

    諦めかけたそのときです!!!!

    「ふはははははははは~、流されちまえー!!!!!!」

    ざっぱ~~~~~ん!!
    大雨により威力を増した水計が、張飛どもをおし流していきます!

    諸葛亮 「何事です?!」

    小高い丘の上に、五人の人影が見えました。
    「貴様らの悪事は見過ごすわけにはいかん!!トゥ!!!!」

    丘より飛び降りた五人はそれぞれポーズを決める。
    「陳レッド・陳宮!」
    「陳ブルー・陳武!」
    「陳グリーン・陳到!」
    「陳イエロー・陳珪!」
    「陳ピンク・陳登!」

    五人 「五人揃って、陳レンジャー!!!!!」
    陳レッド 「この世に悪の栄えたためし無し!!(キマッタ!)」



    ~ 第7章 「ふんばれ!」 ~

    陸遜 「陳宮殿!助けに来てくれたのですね!」
    陳レッド 「陳宮では無い!陳レッドだ!」

    周泰 「陳武!生きていたのか!!」
    陳ブルー 「オレ、悪、許サナイ!」

    馬謖 「陳到っ!貴様、蜀を裏切るのか!!」
    陳グリーン 「我らはどこにも属さない。ただ、弱者の味方だ!!」

    音信が途絶えていた陳宮殿を始め、まさか陳武までもが、あの「陳レンジャー」だったとは。
    とにかくこれで、戦況は五分だ。このまま一気に押し返せるぞ!!

    陳レッド 「いくぞ、みんな!!俺たちで道を切り開く!!」
    四人 「オォー!!!!」

    敵陣の奥深くへ切り込んでいく、陳レンジャーの五人。
    すごい・・・、本当に彼らの行くところに道が出来ていく・・・、彼らの強さは本物だ!!
    勝てる!この戦、勝てるぞ!!!!

    陸遜 「よし!我らも、陳レンジャーの後に続くぞー!!!!」
    孫権 「よぉ~~~~~し!!良いぞ!陳レンジャー!! ふんばれー!!!!!

    ・・・・・・え?!

    陳レッド 「な・なんだ・・・、身体が動かない・・・」
    陳イエロー 「くそっ、どんな妖術じゃ・・・」
    陳ピンク 「う・・・うわぁーーーーー、関羽のワイパーがぁ~~~!!!!!!」

    孫権 「なんじゃ、なんじゃ、せっかく武力を上げてやったというのに、情けないのぉ~」
    陸遜 「お・ま・え・は、何もするなぁー!!!!」

    あぁ・・・またこのバカ殿は・・・、計略「ふんばれ」が発動され、動きの止まった陳レンジャー達にワイパーの洗礼・・・

    陳レッド 「くっ・・・不覚・・・」
    ごめんね。陳宮殿、バカ殿のせいで・・・

    一命は取りとめたものの、陳レンジャーたちは戦線離脱・・・、またしても戦況は不利に・・・
    眼前には関羽率いる槍部隊が、槍を振り振りやってきます。

    関羽 「攻撃あるのみ!車輪の大号令!!!!」



    ~ 第8章 「急転直下・・・」 ~

    関羽、関平、周倉、孟達、劉封が「車輪号令」で攻めて来る。万事休すだ・・・!!
    くそっ、雨さえ降っていなければ「夷陵の炎」で焼いてやるものを・・・

    孫権 「たいした威力ないんだし、まさに焼け石に水だね!はっはっは・・・」
    ドカッ!!・・・・・・

    はぁ、はぁ、はぁ、少しは黙ってろ!!
    気絶したみたいだが、まぁ、起きてても邪魔するだけだし、良いでしょう・・・

    周泰 「こいつは、ことの重大さがわかってるのか??」
    陸遜 「わかってないでしょうね・・・。もう少し眠っててもらいましょう」

    とりあえず、邪魔にならないように「牢」にでも入れておこうっと。
    それにしても、あの車輪をなんとかしなければ・・・

    防柵を破り、城門に迫る車輪部隊・・・、やはり、勝てないのか・・・
    諦めかけたそのとき、またしても救世主が現れた!!

    「ケーッケッケッケッ!!!」

    怪奇な声がどこからともなく聞こえてきたと思えば、関羽たちの車輪が消えていた!

    陳レンジャー「「陳羣司令官っ!!!!」」
    陳羣 「ふっ、お前たちもまだまだ甘ちゃんだな」
    陳レッド 「申し訳ありません・・・」
    陳羣 「しかし、今回は仕方ありませんね。事は少し複雑です・・・」
    陸遜 「それは、どういう意味でしょうか?」
    陳羣 「陸遜殿、ただちに諸葛亮殿と会談の準備を。私が間に立ちます」



    ~ 第9章 「明かされる真実」 ~

    馬謖 「なんだ、なんだ!!ここまで来て、ゴメンナサイか?!ふざけるなよ!!」
    諸葛亮 「まちなさい馬謖、何か訳がありそうですね。聞かせていただけますか?」

    陳羣殿によって、再び、孔明先生と講和を図ることとなりました。
    陳羣殿が言うには、この呉蜀の戦闘の裏には、深い陰謀が隠されているとのことです。
    それは、孔明先生も知らなかった真実が・・・

    諸葛亮 「そ・そんな・・・、劉備殿が・・・・・・」
    陳羣 「ええ、今の劉備殿は、もはや桃園や大徳と呼ばれていた頃の劉備殿では無いのです」
    馬謖 「ウソだ!!そんなことを信じろと言うのか!!」
    陳羣 「残念ながら・・・」

    陸遜 「それでは、我らが真実を確かめようと送った使者は・・・」
    諸葛亮 「使者?使者など来ておりませんが・・・」
    陳羣 「おそらく、彼らが妨害したのでしょう」
    諸葛亮 「それでは、我らが開戦前に送った使者も妨害に?」
    陸遜 「使者?いえ来ていません。変な奇襲部隊なら来・・・・・・」

    馬謖 「うわぁあああああああああああああ!!!!!!」

    何だ!!!!
    振り向くと、斬られて無残な姿になった馬謖と、その後ろに立つ人影が・・・

    劉備 「ふっ、バレちゃー、仕方ねーな。よっしゃーーーー、まだまだぁー!!!!」
    なにぃー!いつの間に!!
    馬謖を斬るや否や、「奮起号令」を発動!倒れていた蜀軍兵士達が、わらわらと復活してくる・・・



    ~ 第10章 「劉備の迷い」 ~

    諸葛亮 「劉備殿!いったい何があったのですか!!」
    劉備 「・・・力だ・・・。魏や呉に比べ、蜀には力が足りなかったんだ!」
    愕然とする諸葛亮を前に劉備は語りだした。大徳で蜀を導いていた劉備の姿はそこには無かった。

    劉備が語るには、豊富な人材を誇る「魏」や「呉」に比べ、「蜀」は「馬超」「ホウ統」くらいしか目立つ者が無く、大きな差が開いていた。
    それに悩んだ劉備は、ついに禁断の「壊れ計略」に魂を売ってしまったのだ・・・。

    諸葛亮 「ど・どうして、私に相談して頂けなかったのですか!」
    劉備 「ふん。しょせんコラボ武将のお前などに、わかる訳があるまい!!」
    うぐぐ・・・。深く落ち込む諸葛亮・・・。
    劉備 「とにかく、私のやったことに間違いは無かった!!今や、魏や呉を抜き去り、蜀の天下は近い!!」

    陸遜 「それは違うぞ!壊れ計略ばかりに頼っていては人心を惹きつけることなど出来ん!!」
    劉備 「だまれ!しょせんコラボ武将のお前などに、わかる訳があるまい!!」
    うぐぐ・・・。深く落ち込む僕・・・。
    劉備 「それに人心は惹きつけているぞ!于吉落雷、奮起ワラワラと、他軍がぞろぞろ我が下僕になりたがっておるわ!」

    周泰 「于吉落雷・・・?!やはり貴様が于吉を操り、孫策様を殺めたのか!!」
    劉備 「はっはっは!!あんな小童、倒したところで自慢にもならんわー!」
    く、おのれ劉備めー!!

    劉備 「おしゃべりはここまでだ!!まずは呉から攻め滅ぼしてくれるわ!!」
    驚異的な回復力で甦った蜀軍が攻めて来た!!

    さすがの諸葛亮殿も自暴自棄に陥り、馬謖のなきがらの横で泣き崩れている。
    陳レンジャー達も戦闘不能・・・、周瑜殿ももはやこの世に居ない・・・。
    二度も助けられたが、今度ばかしは絶対絶命か・・・・・・。



    ~ 第11章 「なんとかする漢たち」 ~

    絶対絶命のこのピンチ。誰もが後ずさりする中、ひとり前へ出る男が・・・

    周泰 「・・・陸遜、俺がなんとかしよう」
    陸遜 「周泰・・・、一体何を考えている!!」

    周泰 「俺が全身全霊をかけて、劉備どもを蹴散らせてくれる」
    董襲 「お供いたそう」
    黄蓋 「あぁ、若いもんどもに良い格好はさせられぬからな」

    彼らに付き従うように、もう一人の影が・・・
    周泰 「陳ブルー!」
    陳武 「今ハ陳武ト、オ呼ビクダサイ」

    周泰 「ふっ、バカなやつらだ・・・、行くぞ皆んな!!陸遜、俺の分まであのバカ殿を頼んだぜ!」
    陸遜 「ダメだ!ダメだ!駄目だー!!!!どうして、皆んな僕を残して逝くんだ!!」

    陳レッド 「それはやつらが、お前なら呉をなんとかしてくれると信じているからだろう」
    涙を浮かべ僕の前を遮る。それを見ていた周泰が白い歯を浮かべ笑っていた・・・。

    へあぁあああああ!!!! おぉりゃあーー!! うぃやぁー!! ブットベー!!
    四人の漢達が、魂を燃え上がらせ、敵軍を殲滅していく!!

    周泰 「孫策様の痛み、そして我が主君にして親友、仲謀の悲しみを思い知れー!!!!」
    劉備 「バカなぁああああ!!!!我が奮起号令がこんなやつらごときにぃー!!!!!!」



    ~ 第12章 「戦闘の終結・・・」 ~

    僕達は、虫の息となった劉備の元に集まった。

    劉備 「周泰、お前の魂の一撃、中々だったぜ。どうだ、俺についてこねーか?」
    周泰 「同じ時代に生まれ変わったらな・・・」

    劉備 「諸葛亮、すまなかったな・・・。どうやら俺は間違っていたようだ・・・」
    諸葛亮 「りゅ・劉備様・・・」
    陳羣 「どうやら、大徳劉備に戻ったようだな・・・」
    劉備 「あぁ、遅かったみたいだがな・・・、諸葛亮・・・蜀の未来はお前にたくしたぜ・・・・・・」
    諸葛亮 「りゅーびさまぁー!!!!!!」
    最期に大徳へと戻った劉備の肉体が、灰になり、風に飛んでいった・・・

    周泰 「さて、それじゃあ、俺たちも逝くとするよ・・・、陸遜、後は頼んだぜ・・・」
    陸遜 「逝くな周泰!!仲謀を守るのがお前の役目だったんじゃないのか!!」
    周泰 「ふっ、無茶を言うなよ・・・・・・」
    漢の意地を使った周泰、董襲、黄蓋、そして陳ブルーこと陳武の身体も徐々に薄れていく・・・
    格好良く去って逝こうとする四人・・・、逝くな!!逝かないでくれ!!!!

    心から叫んだその時!!
    辺りを暖かい空気が包み、空からは、大輪の華が降ってくる・・・、これは?!

    女 「どうやら間に合ったようですね」



    ~ 第13章 「それぞれの旅立ち」 ~

    数日後、かの戦場跡地に造られた大徳劉備殿の「慰霊碑」に僕らは再び集まっていた。

    そう!周泰たちは、消えずに居た!!

    陸遜 「あの時は有り難うございます!大喬様!!」
    周泰 「なんとお礼を言えば良いやら・・・」
    大喬 「いえ、伯符もあのような結果は望んでいなかったはずですから」
    諸葛亮 「私が付いて居ながら、本当に申し訳ない・・・・・・」

    陳羣 「陸遜殿、諸葛亮殿、それでは我らはこれで」
    陸遜 「どうも有り難うございました」
    諸葛亮 「これからは、私がしっかり蜀を守っていきます」
    陳羣 「期待していますよ」
    にっこり微笑み手を振る陳羣司令官と陳レンジャーの五人。

    孫策様暗殺の事件を独自に調べていた陳レンジャーは蜀の仕業だと突き止め、呉に加勢に来てくれたそうです。
    しかし、さらに深く陰謀めいていることを感じた陳羣司令官がその後も調査を続け、奮起劉備が裏に関わっていたことを突き止める。
    しかも、もしものために大喬様を江東から呼んでいてくれたのも陳羣司令官だったのです。

    周泰 「じゃーな陳武!たっしゃでな!」
    諸葛亮 「陳到、そして陳珪・陳登もしっかりやるのですよ」
    陳レッドが呼び出した水の流れに乗り、地平線の彼方へ流されていく陳レンジャー、もう姿は見えなくなりました。

    諸葛亮 「それでは、我らもこれで・・・」
    陸遜 「はい、私も呉をしっかり守っていきます」
    にっこり笑い、別れようとしたとき、思い出したかのように孔明先生がこんなことを・・・

    諸葛亮 「あ、ところで、開戦前に我々の使者が来ませんでしたか?」
    陸遜 「使者ですか?いえ、来ていませんが・・・」
    諸葛亮 「そうですか・・・、なんとか開戦を防ぎたかったので使者を送ったのですが・・・」
    陸遜 「残念です。その使者が来てくれていれば、もっと早く真相が掴めていたものを・・・」

    ・・・・・・ん?あれ?何か忘れているような・・・



    ~ 第14章 「あとの祭り」 ~

    同日同刻、牢にて・・・

    ?? 「ふぇぇぇええっくしゅん!!」
    孫権 「どうした?風邪か??お主も不憫なやつじゃのぉ~~」
    ?? 「えぇ、思わずいつものクセが出てしまったばっかりに、変な誤解を与えたみたいで・・・」
    孫権 「そもそも、使者と奇襲部隊を間違えるやつが悪いのじゃ・・・、情け無い部下を持ったものじゃ」
    ?? 「え?もしかして貴方様は偉い方なのですか?」
    孫権 「あぁ、もちろん偉いぞ、なんせワシ・・・は・・・・・・・・・あっ!!」

    孫権 「こりゃー!!!!いつまでワシを牢に入れておく気だー!!誰だと思っておるー!!!!」



    ~ 最終章 「春の足音」 ~

    ここは呉の国、かの戦いなど無かったかのような平和な時が流れる・・・

    ・・・ん?おっと訂正、平和じゃないところもあるようです。

    ICB孫権と周泰

    孫権 「こらぁーーー!!よくもワシの水飴を舐めてくれたなー!楽しみにしてたのにぃー!!」
    周泰 「ももももも・申し訳ありません!!!!!つい出来心でー!!!!」
    孫権 「許さ~~~~ん!!!!今すぐ斬ってやるぅー!!!!」
    周泰 「ひゃー!陸遜~!!助けてくれー!!!!」

    陸遜 「あはは、ゴメンよ周泰!これから蜀に出かけて孔明先生と定例会なのさ!」
    周泰 「そんなぁ~~~~、ひとりにしないでくれよー」
    陸遜 「頑張れよ!若殿の御守り役なんだからさ!」
    孫権 「こりゃ!人を子供扱いするな!!」

    ははは!!お、梅の花か・・・、もうすぐ春だな。

    -劇終-


    【あとがき】 (と言う名の言い訳)

    ふはははははははははははははははははは~~~
    長い!!長すぎるぜぃ!!!!

    読むだけで疲れて、コメント書くのもしんどいでしょ?(^-^;

    ほんまゴメンなさい!!!!本当ならもっと編集していくんですけど、今回は、お題が難しかったのと、時間が足りなかったので、ノー編集で公開させて頂きました。
    そのくせ、お笑いでもなく、シリアスって訳でもなく、話が繋がっているようないないような・・・なんか難しい作品になってしましましたね。

    今回は、今度のVer.UPに合わせ「奮起劉備よ、サヨウナラ」がテーマです。
    本当は、これに「魏」が攻めて来たり、「他」が助けに来たり、悪の秘密結社「司馬一族」が絡んだり・・・、奮起劉備をたぶらかしたのは「董卓」だったり・・・、
    オチには、キン肉マンの最終話みたいに「太平要術」で全員生き返らせようとか思ってたし・・・(^^;

    とにかく、最後まで読んでくれた方、有り難う!!!!

    さて、それでは参加者の皆さんのブログです。是非見に行ってくださいね!!
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    ★「ICB」参加サイト一覧★ (リンクを貼ってますので是非!)
    司令官:遼!来来!!超!来来!!(リョーチョーさん)
    一番槍:千里眼軍「蹴散らせ」三国志大戦ブログ(千里眼さん)
    二番槍:二品への壁@三国志大戦(荀平) ※このブログです。
    三番槍:三国志大戦下克上ブログ(むつーさん)
    四番槍:晃の三国志大戦日記(晃さん)
    五番槍:Hit the beat! Keep your beat!!(龍之介さん)
    六番槍:適当の軌跡(獅子天さん)
    七番槍:速きこと風の如し ~三国志大戦ブログ~(キラさん)
    八番槍:たまごだっていいじゃない?(真音さん)
    九番槍:響輝軍参戦~三国志大戦~(TOM9さん)
    十番槍:クロフネ・ジャンポケ・マンハッタン(風呂気温さん)
    十一番槍:だらだら生きます(ふぉぐさん)
    十二番槍:黒飛 -弾丸集団突撃-(黒飛さん)
    十三番槍:三国志大戦 ラフォリア(ユーゴーさん)
    十四番槍:洛甄賦(mikiさん)
    十五番槍:ユラナギ(やぎさん)
    十六番槍:銀河の三国志大戦ver1.10(一本いっとく?)(銀河さん)
    十七番槍:水月日記(水月さん)
    十八番槍:*私を覇王まで連れて行って*(佐久間りおさん)

    合計19ブログですね。二番槍は僕んとこです。しかし、増えたねぇ~♪
    万が一、名前やサイト名間違えてたらごめんなさい!!記載漏れは無いよね??
    【2006/02/12 17:11】 コラボブログ | TRACKBACK(0) | COMMENT(20) |

    この記事に対するコメント
    お疲れさまでした♪
    長いけど、おもしろかったですよ。
    りっくんの黒さが出てて(w
    陳宮もやっぱり出てくるところがいい。
    出さないと荀平さんじゃないな、と思っていたり・・・。

    レンジャー部隊を出してきたか~。
    荀平さんが出すとは思わなかった・・・。
    【2006/02/12 17:53】 URL | 真音 #95bkP2lk[ 編集]

    「ご苦労様です」ww

    すごいですね・・・
    長いのにだらだら感がなくて、伏線もしっかりあって・・・
    小説家になったらどうですか?(マテ

    今回も馬岱出てきましたねw
    しかも微妙に蜀、呉の運命を握ってたしww
    さらに陳宮も登場!
    自分も何かキャラクター作ろうかな?

    なにはともあれお疲れ様でした~
    【2006/02/12 19:53】 URL | 千里眼 #JalddpaA[ 編集]

    ICBお疲れ様でした~(^^

    15章にも及ぶ長編、ご苦労様です!
    孫権のお馬鹿っぷりや陸遜の意外な一面などがとても面白かったです!

    あとやはり今回も陳宮が流してましたね(^^
    陳レンジャーを引き連れての援軍には感動しました。
    四人の漢達の漢の意地の場面なんて、涙なしでは読めませんでした…。


    あとうっかり柵ぶつかってしまう馬岱がw
    【2006/02/12 21:52】 URL | 晃 #-[ 編集]

    戦隊物が大人気?(違

    大徳劉備は逝ってしまわれたのですね…
    是非再出撃での復活をぉぉぉぉww
    【2006/02/12 22:14】 URL | 水月 #-[ 編集]

    まさか奮起劉備とは…
    そこに繋がっていくとは驚きましたな~~
    それにしても4人が男の意地…
    天啓(げふっ!!
    【2006/02/12 22:47】 URL | 黒飛 #-[ 編集]

    初めまして!コラボお疲れさまでした^^
    夢中になって読ませて頂きました!
    長編をお書きになれるというのは本当に凄いと思います!(*´∇`*)
    奮起劉備さようならをテーマにしたそうで、テーマに違わぬ話の繋げ方の素晴らしさに感動しました^^面白かったです!!
    【2006/02/13 00:05】 URL | miki #YVGysUnQ[ 編集]

    奮起さよならですかw

    しかし董卓まで出てきたら収集がつかなそうですね
    なにせ次に強くなる人ですからw
    【2006/02/13 09:12】 URL | 獅子天 #-[ 編集]

    長文お疲れ様でしたーw面白かったです。
    キレてないですよwが特に。

    陳レンジャーという発想すごいです。戦隊物・・・いいかも(ぉ
    【2006/02/13 09:17】 URL | キラ #-[ 編集]

    力作、おつかれさまでしたw

    くそう・・・権力め・・・。

    が特に笑えましたw
    言いそうに無いけど言ってほしいw

    【2006/02/13 20:22】 URL | ふぉぐ #Lis.ZDmI[ 編集]

    普通にかなり楽しかったですよ?
    先が全く読めない展開で楽しませていただきました。いやはや。

    陸遜タメ語でしたねw
    ちょっと新鮮・・・w


    ・・・最後の梅で、蒼天航路の曹操が死ぬシーンを想像したのは、きっと僕だけ。
    【2006/02/13 21:43】 URL | むつー #-[ 編集]

    面白かったです
    各章で吹いて、ディスプレイ汚れちゃったじゃないですか
    しかし、孫権てバカwww
    【2006/02/13 23:23】 URL | TOM9 #-[ 編集]

    まだ全部回れていません・・・スマヌ。
    レッス!!(レス書くだけで3~40分・・・)

    >真音さん、お、更新直後に見てくれたんですね!たぶん読むのに10分以上かかってると思うので・・・(w
    りっくん黒いっすか・・・ふふふ♪
    陳宮は今回すごく迷いました。ちょうど最近レンジャー部隊が流行ってたので借りました(w
    余った陳羣は「司令官」のポストをゲット!(笑)

    >千里眼さん、伏線を貼りまくってたら、こんなに長くなってしました(^-^;
    毎日、こんなに書かなければいけないのなら小説家にはなりたくありません(w
    「小説化」にはならないかな??(ヲイ
    「馬岱」は出しますよぉー!(w
    本当はセリフを喋らしたく無かったんですが、今回は重要な任務なので喋らずにはいられなかった・・・(残念!?
    キャラクター造ると、どうやって登場させようか悩むところから楽しいですよ♪
    勝手に動き回るし、ストーリーのテンポが上がって助かります!収集がつかなくなる時も・・・(ヲイ

    >晃さん、あはは、本当、長編ですよね(^^;
    あのイラストから無理やりバカ殿設定にしました・・・。陸遜は自然に・・・(w
    陳宮、個人的には去っていくシーンが好きです♪
    漢の意地、危なく途中で董襲を倒してしまうとこでした(^-^;
    馬岱はいつもあんな役です。可哀想に(w

    >水月さん、戦隊物・・・、パクリました!!(w
    もう、ちょうど良いタイミングで、流行ってるんだもん♪パクらずには・・・(ヲイ
    「大徳劉備」は逝っちゃいました・・・。さようなら、ありがとう大徳劉備よぉー!!
    本当は復活させるつもりだったんですけど、ページの都合で・・・(w

    >黒飛さん、Ver.1.11も終わりだったので、このVer.を代表する「奮起劉備」を登場させたくて・・・、もちろん悪役です!(w
    「天啓」・・・・・・っ!!・・・・・・忘れてた・・・
    えーと、ほら、孫策よりも前に亡くなっているはずだし・・・、きっとお空から見ていたんですよ!!
    よし・・・、これで言い訳終了!(w

    >mikiさん、はじめまして!!長いのに読んで頂きありがとうございます!
    長編、いやぁ~~~~~~~~、しんどかったです(w
    もっと短く編集するチカラが欲しいです~。話を繋げるために他の話を持ってきてって、どんどん長くなってしました(^-^;
    「感動」・・・素直に嬉しいです♪有り難う!

    >獅子天さん、奮起よサヨウナラです!とっとと消えてくれ!との願望が入っております(w
    「董卓」本当、収集つかなさそうですね!出さなくて良かった(^-^;
    一応、裏ボス「董卓」、陳宮の要請で「呂布」が助けに来て、張角が全員を復活と言う壮大な感動ストーリーを用意してたのですが、これの倍ほどになりそうだったので・・・(w

    >キラさん、あはは、そこに気付いてくれましたか!!
    無理やり、放り込んだシーンです(w
    ちょうど、TVで小力が出てたので、急きょ挿入・・・(w
    戦隊物はブログ間でなんか最近、流行ってたんですよー!それに乗り遅れたのでICBで登場~♪(w

    >ふぉぐさん、有り難うございます♪
    あはは、そこは僕も好きなシーンです。「権力」には勝てず、孫権を立てる陸遜・周泰・・・
    それが、いざ戦いが始まると、バカ殿さにいい加減腹を立て、最期には牢に入れて、戦力外へ♪
    牢では馬岱と役立たず同士意気投合・・・ってのが狙いです(w
    ぜひ、実際でも言って欲しいですね♪♪

    >むつーさん、今回は、ちゃんと伏線を貼って、前回みたいに急に陳宮出てきて終了とかはしませんでしたよぉ~(w
    ただ、伏線を貼りすぎたと言う反省はありますが・・・(^-^;
    もっと陳宮活躍させたかったなぁ~(ボソっ
    陸遜は・・・、書いていたらドンドン口が悪くなっていきました・・・(w
    孫権に「バカ殿」呼ばわりですから(w
    最期の「梅」は、紛れも無く「蒼天」から持ってきました!!季節が夏だったとしても「梅」で行ってたと思います(w

    >TOM9さん、あはは、有り難うございます!!
    極力、各章に一つずつ、薄い笑いを置いていったつもりだったので、わかってもらって嬉しいです(w
    汚れたディスプレイは大丈夫でしたか?(w
    「孫権」ちょっとバカにしすぎたかな~、まあいいや♪(w
    【2006/02/14 02:43】 URL | 荀平 #M8fmrdFo[ 編集]

    遅コメント期間中、龍之介です。
    ども。

    大徳司令が奮起司令に(違
    陳レンジャーとはw
    私も戦隊で行くべきだったのかwww

    個人的には
    『陳武るー』がヒットw
    【2006/02/14 13:32】 URL | 龍之介 #-[ 編集]

    お疲れでしたー!!
    素敵な長編に感服いたしましたっ!ちゃんと話し繋がってますよぉ^^ どんどん先を読みたいっ!と思わせられました~♪
    陳レンジャーがかなり好きですww
    それにしても・・・まさか奮起劉備の仕業だったとは!そうか・・・バナナ号令はそうやって生まれたんですね!しかしそんな彼をもう拝むことはできない・・・、やった!!(アレ?)
    【2006/02/14 19:57】 URL | 佐久間りお #bOuPcRVA[ 編集]

    レス!!レス!!
    >龍之介さん、いえいえ、僕もまだ全部回れてないです(^-^;
    皆さんの流れにのって、レンジャー部隊を登場させてみました!
    毎回、陳宮の出番に悩むので、今回はちょうど良いタイミングで戦隊物が流行ってくれました(w
    「陳武るー」、僕も書いたあとで気付きました(w
    ダジャレになるから気になったんですが、まぁダジャレも僕の味かと・・・(言い訳

    >佐久間りおさん、あはは、無駄に長くなったのを編集せずに載せただけなんですけどね(w
    最後まで読んでいただいて嬉しいです♪♪
    無理やり登場!秘密戦隊「陳レンジャー」!!悪の奮起劉備を蹴散らすぜー!!
    と言いながら、さほど活躍してなかったりするのは秘密の話です(w
    後々、弱くなった奮起劉備を、たま~に見かけると、改心したんだなぁ~と思ってやってください(w
    【2006/02/15 00:35】 URL | 荀平 #M8fmrdFo[ 編集]

    ICBお疲れ様ですー
    遅コメントで申し訳ないーorz

    なかなか時間かけて読ませていただきました~
    VUでりっくんは強武将に昇格したしこれからもっと黒さに磨きがかかるの・・・か?
    そしてやはり魂を売る勢いだったのですね、あの奮起はw
    【2006/02/15 02:23】 URL | やぎ #-[ 編集]

    レス!
    >やぎさん、こちらこそ~遅くなりました(^-^;
    読むの時間かかったでしょ?書いた本人ですら、10分くらいかかりますから・・・(ヲイ
    りっくんって、だいぶ威力があがったんですね!
    もう「コラボ武将」とは言えないかも・・・
    人間、強くなって注目されるようになると、黒くなっていくものです・・・りっくんも人間だったということで・・・(コラコラ
    あの頃の奮起はもう見ることも無いでしょう!出来ればもうちょっと弱くして欲しかったと言いたいところではあるのですが・・・(w
    【2006/02/15 12:22】 URL | 荀平 #M8fmrdFo[ 編集]

    立派な文章をきちんと作っているので、ユーゴ
    ーも見習わねば・・・・・・
    劉備の壊れ計略の時に諸葛亮がコラボ武将の
    癖にと言うのが笑えました。
    「お前なんて嫁とイチャイチャしていろ」とか言わ
    れている軍師も笑えますね。
    【2006/02/15 21:53】 URL | ユーゴー #-[ 編集]

    ふひぃ・・・時間が限られていたので一番長そうなのを最後に(ぇwww
    いゃぁ~w長いっ!!wwってか十分シリアス、そしてギャグも入っててすごぃじゃなぃっすかww
    いやぁ~前回の時と良い今回と良い、馬岱の待遇が可哀想ですwww
    しかし孫権には顔をまっしろにぬって本当のバカ殿になってほしぃですねwwあのバカさはww
    やはり出た・・陳レンジャーww確か司令官を裁判から助け出すときも居ましたねwwこれで通算2度目の出演?www
    リョーチョーも司令官かぁ・・・陳羣司令官には負けるけどwwww
    ICBおつでした^^そして遅れてごめんなさぃな:;
    【2006/02/16 19:54】 URL | リョーチョー #-[ 編集]

    遅れました!レス!!

    >ユーゴーさん、立派と言ってくれて有り難うございます!小躍りさせて頂きます♪(w
    「コラボ武将」は、恵まれない武将達ですからね。
    『役立たず!』と同じ意味で使わせました(w
    結構、お気に入りの悪口です(w
    諸葛亮は、イチャイチャできる相手が居ますが・・・、陸遜は・・・、まだまだ無名です(w

    >リョーチョーさん、あはは!最後にもってきて正解です!!10分ほどかかりますから(^^;
    今回、ちょっとシリアスを書いてみました!もっとお笑いを入れたかったんですけどねぇ~
    作成中のICBの裏側では、お笑いをいっぱい入れてみようかな?
    馬岱に主役級の活躍を!(w
    裁判ネタの時は「陳羣」、一番下っ端役だったので、今回は司令官役を!・・・じゃなく、余ったので司令官役・・・やっぱり可哀想(w
    【2006/02/18 01:23】 URL | 荀平 #M8fmrdFo[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://3594junpei.blog17.fc2.com/tb.php/224-8adaa6a3



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。